とうとう、予想に近い方向に来てるようです!・・・(パスワード解除します):【日本や日本人の危機】身近に迫っているかもしれません。

こんにちは、\イッカク です。/

以下の記事は、まだ早いと思い
一応、パスワード付きの記事でした。
(2020/3/3のUP)

/////////////////////////////////////////////

私は、このブログを通じて、
特に日本人や善意の日本に住んでらっしゃる方々へ
情報を発信しています。

別に、煽ってるわけではないです。

私は、読者を煽る、理由がありません
同じ、民衆であり国民の一人です。

わたくしの読者の方々は既に
ご存知かも知れませんが、
<<新型コロナウィルスに関する情報として>>

輪郭が観えてきました。
これまで、私が記事に掲載した情報を
いろいろと見ていると、以下のことが
分かりました。
(断っておきますが、情報の出所は
明確にはできませんので、
あくまで、参考程度にしてください)

■政治家や官僚やマスメディアは「嘘」を云い続けています。
■現政権は、事の重大さを隠し、未だに日本へ中国から渡航させている。
■世界のあちこちで、同時並行的に感染が始まった。
■武漢のウィルスと日本のウィルスのDNAコードが違っていることで、変異したか、全く別モノ。
■漏らしたウィルスは、実は殺人兵器の公算あり。
■意図は、世界人口削減計画で進められた可能性あり。
■ケリー・キャシディ:新型コロナウィルスはイルミの人口削減計画の一環

ch政経さんでは、
軍産複合体(中共とか)や
カバール(ディープステート)
らが弱まって来たみたいに云ってますが、
油断大敵なのです。

■感染して死亡に至る場合は、二通り有る。
■潜伏期間は、14日とか21日とか云われているが、42日も掛かった例もあることから、未定。
■武漢の隣の地域で、濃厚接触もなく感染者が発生。
■恒常的に持病や体力が衰えている老人などにダメージを与える
■症状が出てからの特効薬が「無い」。というが、アビガン錠剤は、利権がらみなのか、厚生省が認可せず。
■習近平を国賓で迎える予定。
■「世界的な感染地図」の出所は、ビルゲイツ財団にたどり着く
■日本も武漢化を目論む・・・https://ameblo.jp/bangmao/entry-12579236150.html

(考察)
一番の問題は、
自分や家族が、
現在「感染してるのか?」
ということすら
わからないことです。
また、対処薬として
「アビガン」なるものがあり
これを使えば、命は助かる
ようですが、
厚生省の不認可で使えません。

そして、同時並行的に進んでいる
中国共産党の動きが不気味である。
通常のメディア(ネットでさえも)
中共は用意周到に「嘘・偽り」の
報道を流していると見える。

中国の武漢は、たしかに被害甚大
だが、習近平の10日間不在に
国難対応に表舞台に出てこず
何かを練っていたのではないのか?

それに、モンゴル大統領が
北京で習近平と会った後に
新型コロナウイルスに感染してる
ことを考えると、
それでも国賓でやって来る目的は
中国皇帝による権威を示すために
自分たちを日本人と思ってる
つまり、朝鮮族の国家=「日本」へ
「柵封」儀式にやってくる
ということかもしれない。
そもそも李家は
■安倍晋三と在日はなぜ日本を支配できるのか?

最後に、あくまで、可能性としてのシナリオ【結論】

1.ゲイツの目論見どおり、世界的に深刻の度が増し、多くの死者が出る
2.そのような中でも日本の現政権は、国内の状況をひた隠しにする
3.習近平が日本の国賓扱いでやってきて、中国人の大量移民を申し出る
4.総理は受託し、先に養成しておいた人民解放軍を日本に迎え入れる
5.人民解放軍が下記の予定の地域に配備され、行動を起こし実効支配
6.お花畑の日本人が気づいたときには「手遅れ」
7.世界的に日本は既に「中国と同じ嫌われ国家」、世界から、「ざまぁ見ろ!」と罵倒。
8.いよいよ、日本が合意の上とされ、分割統治される。(新たなる新中国とか云って)

9.日本自治区には、日本人が押し込められ、チベットとウィグルと同じ運命をたどる
A.東海省と朝鮮省は一つの省となり、朝鮮省へは金正恩が、東海省は旧長州閥があたる
これは、N.W.O.の一環として、東アジアへメイファー(イルミナティ13血流)分担とした。最悪のシナリオである。

こうならないように、

日本人は覚醒し、立ち上がろう!

では、また。


スポンサーリンク

初めは友好的に振る舞い、
そのうち暴力的になる
既成事実を周到に積み重ね、
不条理を条理とする

これが彼らの常套手段だ。
中共の侵略の実態。
多くの民衆が、
手足を切断され、
焼かれ、死んでゆく中、
不気味な力に勇敢に
立ち向かったチベットの
戦士たちが伝える警告の書。

-それはさながらこの世の地獄だった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました