本質の時代に移行中!・・・自己意識の整理整頓が必要:「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるもの」(マルコによる福音書2章18-22節)

日記

こんにちは、\イッカク です。/

西洋のことわざに
「新しいワインは
新しい革袋に入れるものだ」
というのを
昔、会社勤めをしていたときに
人徳ある役員さんが云ってたのを
覚えています。
なぜに、新しい革袋に入れないと
いけないんだろうか?
・・・昔、ワインは、
羊の皮を縫い合わせて、作った
革袋に入れて運んでいたそうですが、
運搬途中で、よく新しいワインは
酵母菌による「発酵」が盛んな
状態となっており
古い革袋に入れた場合だと、
革が伸びないので、革の「ヒビ」の部分から
あるところから「パーン」と割れて
ワインも革袋も両方とも台無しに
なるんです。
だから、新しいワインを運ぶときは
新しい革に入れるようにしている。
この意味するところは、
会社での組織改変が有った時の
役員の挨拶でした。
社員へ旧態依然となっている
仕事の仕方について
言及したものです。
さて、
現在の目まぐるしい社会環境や
価値観の変動する世の中に有っては
何が正しくて、何が正義なのか
わからなくなって、きてる個人が
増えてきているように感じます。
つまり、生きるための指標が
何者かによって「めちゃくちゃ」
にされ、破壊されてしまっています。
この状態は、「船長のイナイ船」で
宛のない漂流をいつまでも
続けて行かなければならないような
状態に陥っていると考えられます。
そうなると、拠り所は何でしょう?
いまや、この地球世界は
これまでのソレとは違う状況に
なりつつあります。
様々な方向で、変化が起きています。
いや、
これまで、人間やその他の動植物を
育んできた「地球」という存在がすでに
ある方向に変化していると思います。
人間世界だけが、取り残されている
かもしれません。
だとすれば、、、
地球は、「新しい革袋」になって
私達人間を待っているかもしれません。
「早く、あなた達、発酵しなさい!」
と言ってるようです。
準備完了なんです!
あとは、人間が「変化」する必要が
あるのでしょう。
人間の変化とは・・・
■固定観念からの脱皮と軌道修正
にあると思われます。
具体的には
・価値観と生き方の見直し&軌道修正
と最近、強く思います。
これは、本来のイエス・キリストの
教えに通じるものです。
古いモノとは
わたしたちが昔から、
指導や教育を受けた
固定観念です。
それは、学校や宗教やビジネスなど
あらゆる分野のことを指します。
ここで、お気づきかもしれませんが
新しいワイン=個人の意識の変化
新しい革袋=個人を取り巻く環境の変化
という位置づけで
述べてきましたが、、、
変化の方向性は何でしょう?
「明るい未来」に向かってです。
どんな変化を起こすにも
とっても大切な認識が必要です。
それは、「今の現状の認識」です。
わたしのこのブログを以前から
ご覧頂いた、読者の方がたには
おわかりと思いますが、それは
この世界は、ほとんどが
「砂上の楼閣」だったということです。
嘘で固めた、政治経済・社会です。
この現状認識に至らない限りは
ピラミッドシステムに
入った意識のままで、世の中を
ご覧になっているということです。
これは、意識の問題です。
ピラミッドの外へ出て、
ピラミッドを眺めると観えてきます。
現在、どなた様も
「自己意識の整理整頓」が必要な
時代に入っています。
それは、
「本質を感じたり意識したりする」
時代に個人が変化できるかどうかに
かかっているということでしょう。
これは、支配者やキングメイカーによって
長い時間封じられて閉じた意識を
久々に開くということでもあります。
ちなみに
「今の現状の認識」は個人によって
違って来ると思いますが、
ネットや書籍で調査すれば
自ずと出てくる、「陰謀」のキーワードを
分析することで、観えてくる
ものがあります。
たとえば
・宇宙人・・・アヌンナキ、レプタリアン、、、
・銀河連合・・・プレアデス、アクトゥル、、、
・秘密結社・・・イルミナティ、メーソン、、、
・支配者層・・・13血流、三大宗教、、、
・etc…
あまりにも情報量が多く
調査するにも「惑わし」が入っているようです。
「調べても、無駄だよ!」
という無言の声が聞こえてきそうです。
で、あれば、そのような
惑わし情報を見ること自体、
洗脳を受けてしまうでしょう。
わからない人同士がSNSで陰謀に関する
やり取りをしていますが
調査分析をする目的ならば
「無駄な時間」となっています。
なぜならば、双方とも知らないから。
じゃぁ、知ってる人って?
ということになります。
今のところ、和多志が
ウォッチしてるのが・・・
過去の知識の集大成から関係ない
人間(特に知識人や学者でない)
であり、三次元を基礎にした
意識の構築をしていない人間、
であり、高次元とされる存在から
何らかのメッセージを受け取るひと。
=チャネラー
という位置づけの人たちです。
かれらは、高次の存在と何らかの
意思疎通ができていると考えられます。
「何をバカなことを言うの?」
と罵声が聞こえそうです。
しかし、人間の思念・思考は
ある周波数を伴っているという事実を
知らなければ、この事象は
理解できないと思います。
疑うのであれば
「MKウルトラ」というワードで
検索そてみてください。
これは、様々な方法で人体実験を
行っていたうちのひとつで、
特定周波数の悪用です。
ということで、逆に
もっと周波数が高いとされる
共振によって、高次の存在からの
メッセージを受けとる人間もいる
ということは、否定できないのです。
そうなると今度は、
チャネリングの質の問題になってきます。
チャネリングをしながら
大衆に向けて説法した人らは
聖人と言われています。
現代でも、その存在はいます。
ご自分で、お探しくださいませ。
ちなみに和多志のブログにも、
その御方の動画を載せています。
今夜は遅くなったので
ここまでとします。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました