【真実を知る方法】Qアノン情報を「保留」で観る!

こんにちは、\イッカク です。/

現在、多くの庶民は、
世の中で起っていること
(事件・事故・騒動)が
あまりにも多く、かつ
その原因や対策が
取られていないことで
混乱していることを
感じていると思います。
特に
コロナパンデミックス
衝撃は、現在も続いており、
その先が、「ワクチンの強制的接種」に
至っていますが、
この接種について、深刻な状況が
世界各国で起っています。

もともと、このようにならないように
宣言が以前から有ったはずなのに。。。

ユネスコ総会において
採択された宣言

生命倫理と人権に関する世界宣言 
(採択年:2005年 第33回ユネスコ総会)

各国の為政者を観ていると、上記の世界宣言は
お飾りになっており、全くの「無視」
状態となっており、完全に
世の中の組織は、保身に余念がない!
被害者側になるのが、社会的な弱者と
呼ばれている人々なのである。

そう、なぜ、そう考えられるのか?

現場の市民の声が発信されているからです。
だから、政府の言ってることは、嘘だと
判断できるのです。
以下、その例です。
<引用開始>_______________
・・・
私の勤務先での、
医療福祉従事者と高齢者への
ワクチン接種2回目が終了しました

接種チームではない私は、
2回目の副反応として報告されている状況や
ワクチンのあらゆる情報を
職員と高齢者へ伝えてきましたが

それでも
ほとんどの方が接種されています

体力の弱った高齢者は
副反応がほとんどない
ケースも多いものの
若くて体力のある職員や
高齢者の多くが
高熱や頭痛、倦怠感、
皮膚症状などに見舞われています
自己免疫がしっかりと
働いている人ほど
症状が強く
でているのかもしれません

不安を感じて
「接種したくない」と
勇気を出して
接種チームに伝えた職員が
数名いましたが、
カロナール多めに
渡すから、大丈夫」と
半強制的に
接種させられました
接種した職員は翌日休みになるように
シフト調整しているのですが
一日で熱が下がらなくても、
現場が回らないからと、
解熱剤を飲んで出勤するようにと
言われたそうです

高齢者が接種しないと言えば、
「90%に達しなくなる」と
接種チーム全員が
担当職員に
怒りをぶつけたとのこと…

90%は、
接種率の他に考えられません
行政からの圧力かマージン
でもあるのでしょう

福祉施設も
政治や医療利権に支配された病院と
何ら変わりませんね

医師も看護師も
目の前の患者の健康より
保身のために働いている人ばかり…

ほんとうに「人間じゃない」のでしょう

すべての医療従事者、医師、看護師は
自分の職務について再確認してほしい

目の前で苦しむ患者をみても
お金にしか見えない医療従事者はいらない

Doctor yourself
自身の健康は自身で管理する時代です
・・・
<引用終り>_______________

なので、政府は、国民のために何かを
考えたり、施策したり、するところと
教えられ、そのようになってると
思っていたら、実は、これも嘘という
ことが、分かってくるのです。

そうなると、

その他の経済、、教育なんかも
ご多分に漏れずにちゃんと
連携して嘘を流すように組織化されて
いたんですね。。。

そう、俗に云う「陰謀論」とか云う
レッテル貼りで、そのことを
いままで、隠してきていたのです。

そこで、まず、一般の皆さんは
和多志が、目を開けた時と
同じ情報を観ていただくのが
良いと思いますので、ご紹介させていただきます。

そのレッテル貼りしている新聞紙上で
最近、有名になってるのが「Q」や
「Qアノン」というキーワードなのです。
本当に、陰謀論を語り、社会の秩序を乱す
目的で、活動している団体なのか?
あなた自身で、お確かめくださいませ。

ご自分で、考え、判断されるのが良いのです。

TV・新聞にから発信される情報とは
なにか?
について、分かった瞬間から、
ご自分で、情報を求めて
インターネットを検索するとか
関係書籍を読み込むとか
なされることで
アナタの洞察力は、向上し
磨かれてくることでしょう!

まずは、コチラの方の記事が良いと思います。
画像をクリックして
ご覧ください。 ↓
見出し画像

ドイツとヨーロッパのワクチン悲劇:明日は我が身が危ないのです!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました