• バイデン大統領は、
    「40万ドル未満の収入は誰もいない」と
    繰り返し述べており、連邦税率は上昇するだろう。
  • ホワイトハウスは先月、
    しきい値は個人ではなく世帯に適用される
    ことを明らかにしました。

それでも、米国の世帯の約98%が
2020年に40万ドル未満を稼ぎ、
増税に直面することはありません。
・・・
ジョー・バイデン大統領は、
「40万ドル未満で稼ぐ人は
誰も連邦税が上がることはないだろう」
という単一のルールで、
一連の増税に彼の大規模な
支出計画を繰り返しヒンジしました。
「誰もいない」という
あなたの定義に応じて、
この主張は真実です。
バイデンは水曜日のスピーチで
アメリカの雇用計画を発表したときに
主張を繰り返した。
2.3兆ドルの支出パッケージには、
従来のインフラプロジェクト、
手頃な価格の住宅、
クリーンエネルギーへの投資、
公立学校の改修のための資金が含まれています。
大統領は、この計画は、
より高い法人税率と国外で事業を行う
米国企業に対する世界的な
最低税で支払われるだろうと述べた。
「だれも、もう一度言わせてください。
40万ドル未満の収入を上げている人は、
連邦税が上がることはないでしょう」
とバイデン氏は語った。