【資本主義とは何だったのか】21世紀の資本主義・・・現状は泡銭の飽和状態であり崩壊間近。新しい新世界秩序へ向かうのか?

yoyo555 max

こんにちは、\イッカク です。/

現在、21世紀になりまして、
世界的には、資本主義が
経済を動かしています。

今更ながら、資本主義とは
何だったのか?
を振り返り、
それが、もたらしてきた
様々な「悪行」の数々を
確認し、
将来、この地球世界において
今後もその「資本主義」を
続けていくのか?

それは、現時点では、無理だと
云うことが、分かっています。

では、この資本主義を
画策していた
三極委員会、
ビルダーバーグ、
300人委員会の要人らは
近い将来を
どのように
描いているのであろう?

和多志が想像するに、それは
「超管理社会」を
目指しているのでは、ないのか?
と思うのです。
簡単にそのステップを書きますと
1.人口削減
2.生き残った人間の電子社会による奴隷化推進
3.惑星地球の監視社会=超管理社会

なので、現在、取り組んでいる
・ワクチンの接種
(5年後、あるいは5年以内に突然死)
・スマートシティ構想推進
・子供を産ませない
・電子決済
・個人管理(人体内にマイナンバーチップなど)
・個人統制(人体細胞内にトランスヒューマニックロボ)
・情報統制(量子コンピュータ)
・行動規制(5G以上で監視網)
・個人資産を持たせない(ベーシックインカム)

上記、イメージをふまえつつ
21世紀に入って、資本主義は
どのように変わるのか?

ところで、2020年に
300万部の世界的大ベストセラー経済学書
「21世紀の資本」の著者である
トマ・ピケティが語っています。
『「平等」が大切だ!』
と社会主義を否定し、改善する提案を
示しているようです。

下記のように、映画化していたようです。

■『21世紀の資本』本編映像

別にピケティ氏の分析は、目新しものではなく
昔から、
富と権力の集中は「独裁的」な政治に
なるって云うことが実際に
歴史として起っていることです。
今も貧富の格差が広がるとともに
弱者にとって、ひどい時代になりました。
弱肉強食の極致化です。

1%の超富裕支配者層は、果たして
「映画1984」のような
超管理社会を作れるのでしょうか?

上記のアジェンダにしたがって、画策
してきたのが、三極委員会、
ビルダーバーグ、
300人委員会の要人らであり
その新しい世界秩序=N.W.O.を
目論む者たちです。
またの名称を「ディープステート」

さて、ところが、2001年の9.11に
株式会社アメリカによる
自作自演のテロが行なわれたのですが、
これは、多目的に行なわれた
テロでしたが、その大きな目的は
軍産複合体による、中東を皮切りに
世界的な支配を行うための
開始の表明でもあったということです。
その後の経緯は割愛しますが、
彼ら、N.W.O.の連中に対し、
反旗を翻すチームが現れています。
それは、トランプを大統領に擁立し
N.W.O.のアジェンダを阻止し、
新しいN.W.O.を構築していこうとする
勢力となっています。
実は、そのルーツは、暗殺されたケネディと
同じ志を持つ人間たちによって、形成されました。

結局、現在は
この二大勢力の世界大戦に
なってると、考えます。

中共はどうなのか?

思われますが、中共はまもなく解体され
終焉を迎えます。
そして、習近平主席はそこで一旦、終了。
となりますが、
新しい世界秩序はGESARA法の下に
新中国共和国のようなかたちで
生まれ変わりますから
今度は、そちらの大統領として
習近平は就任すると思われます。

宇宙種族との関係性が
発展して行くような
未来になると考えます。

【参考】:国立情報学研究所
21世紀の資本主義

では、また。

 


スポンサーリンク

21世紀の資本

コメント

タイトルとURLをコピーしました