2021_03_03_20:30_最近の世界の動向・・・覇権争い、今後の行方は?・・・世界の人々は覚醒中!・・・「恐怖」とは、幽霊の正体見たり枯れ尾花

こんにちは、\イッカク です。/

最近、世界の勢力が拮抗してる姿というか
世界覇権争いの構図がいくつかあります。

その前に、視点を2つに分けて
考えます。

1つは、三次元的視点で
現状の事実から、
将来を眺めてみる見方です。

つまり、これは、不正でもなんでも
偽旗工作でも
マスメディアによって
アナウンスされ、民衆の民意は
反映されなくとも
不正で勝ち取った選挙でも
勝ちは勝ち!
という不正が大通りをまかり通る
世の中になっています。

それは、もちろん、世界的な
覇権争奪の争いであり
以下の3つが、最近まで三つ巴になって
争っていました。

1.トランプ陣営
2.ディープステート
3.中国共産党

それで、アメリカの大統領選挙後の
大統領は、「バイデン」ということで
世界的にメディアも
報道しており、選挙に勝って
偽の大統領になっています。
DSにとっては、
第1段では、
まさに表舞台から「トランプ消し」
がまんまと成功したのです。

さて、この現実を足がかりとして
次なる世界の動きは
どうなっていくのか?

■【河添恵子】習近平“退治”に乗り出したディープ・ステート【WiLL増刊号#441​】

■アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド:5アイズ 対 習近平政権
さらにDSも内部で二手に分かれているようです
■マルキスト派共産主義(中共・ロックフェ?) Vs. 自由・平等・博愛の自由主義(フランス・ロスチャ?)
という対立構図になってるようですが・・・

しかし、ディジタル人民元の推進を
わざと野放しにしているDSには、ナニか
「ポイズン・アタック」を準備してるのか?
魂胆が有るのかもしれません。
ちょっと、そのへんはインテル・アラートに
あるかもしれません。

ということで、河添恵子氏が、現状の事実に
基づいた見解を述べておられるのは
大変、参考になります。

また、馬渕睦夫元大使も最近、話されております。

■己の沼を浄化せよ!ディープステートに付け込まれる欲望

■編集後記
まあ、ざっと、思い当たる
世界的な地政学のチェス「対局」図は

思想的には
■グローバリズム 対 ナショナリズム

地政学的には
■トランプ勢力 対 ディープステート勢力(バイデン大統領)
上記の見かけ上の勝負は
ディープステート勢力
(バイデン大統領)に軍配が挙がった!
なので、
当面のDSの目標が、
トランプ打倒が成功した。

■中共勢力 対 ディープ・ステート勢力
これは、現在、行われつつある戦いである。
そして、価値観の違いによる
■唯物主義 対 非唯物主義
という観点の戦争があるようです。

他にも有るかもしれません

■中央銀行決済系(ロスチャ) VS. 信託・ファンド決済系(ロックフェ)

宗教も対立しているように見えます
特にキリスト教内部の
■ローマ教皇カトリック 対 アンチカトリック

もちろん、従来型
■キリスト教 Vs 非キリスト教
■ユダヤ教 Vs 非ユダヤ教

秘密結社では
■サタニスト・ディープステート・カバル(既得権益ピラミッドシステム派) 対  グノーシス・改革派(テンプル騎士団系統・・・トランプ?) 

現在は、とにかく、不正有り、殺人ありの
何でも有りの無法地帯の地球です。
混沌化に拍車が掛かってるように
思います。

こうなると、弱肉強食。
弱い、我々は、より集団化して
大きなサメに立ち向かう必要が
あります。

そうでなくとも、私達に向けて
衣食住の観点から
攻撃が仕掛けられています!!!

・食パンから「グリホサート」
特にアメリカの農場で育成された
小麦には「ラウンドアップ」という
遺伝子操作を行った除草剤成分を
撒いてつくった成分でパンを
造っています。
この危険物質を日本の厚労省は
認めています。
つまり、
「日本人よ癌になって死ね!」
ということをやってます。
知らないのは、情報不足な
国民です。

このように「毒攻め」が
至るところで有るわけです。

わたしは、恐怖を煽っていません。

彼らDSの手口や嘘・偽りを見抜いて
それに「つながらない」
同調しない
彼らの重い周波数にから
解き放たれて、軽くて、明るく
有意義な世界に目を向けて
それらとつながる。
ということです。

破壊される前に
覚醒と知恵で、
調和の世界に自分が移っていく
ということでしょう。

くどいようですが
DSの常套手段は
「恐怖」を与えること
です。

しかし、この恐怖には、根拠が
有りません。
幽霊の正体見たり枯れ尾花!なのです!
COVID-19の正体も
単なる、常在ウィルスやインフルエンザであり
COVID-19のウィルスを
「分離化して、純粋化して、
培養出来てません!」

つまり、まだ、見つかってないのです。
これを偽装して、もっともらしく
画像で見せて、ホンモノで怖いぞ~!
と演出していることが
分かってしまって、、
「おっほほほ・・・」ですよ!
コチラの高橋先生のお話をお聞きください!

体内に注入されたmRNAによって、何が
体内で複製されるでしょうか?
だれにもわからないです。
人間の細胞より小さいロボットが
人間の体内で、コッソリ活動して
肉体を乗っ取る日が
ちょうど、5年目のある日
という、プログラムされている
という噂もあります。
カラダがロボットに乗っ取られると
人間としての精神活動は
もちろんのこと
あらゆる神経や細胞がロボット化されますから
これを

トランスヒューマニズム

というようです。
コレもご本人が、そう望んだ結果なのです。
5年後に肉体は長生きして
健康そうに見えますが、
中身が、人間不在の
コテコテのサイボーグ009
ということも有りえます。
そう、5年後に
アナタは、意に反して
「サイボーグ戦闘員」に
生まれ変わっているかもしれません。
人間としての自然死より
残酷ですよね。


騙されないでほしいです。

さぁ、覚醒者同士で、つながってください!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました