1 /2【米国不正選挙 関連情報】 石川新一郎チャンネル【第63弾】ワシントンから(18回)目のメッセージ‼️

こんにちは、\イッカク です/

また、ワシントンからの
メッセージが届いたようです。

石川新一郎チャンネルさまより
以下、置きます。

■【第63弾】ワシントンから(18回)目のメッセージ‼️

編集後記
以下、重要な個所を
文字起こしします。
<文字起こし開始>_______
・・・
ウイグル族のジェノサイトに関する資料は
安倍政権下の日本政府がアメリカに
渡されたものです
その後9月に発足した
菅政権下の許可のもと12月に議会が
使用させていただいています。

中国共産党のディープステートに関しての
内容の説明を一部削除します。
昨日、明王朝の軍部から
レッドドラゴングループが発祥したのち
その後の説明を修正します。
1900年にレッドドラゴンは八卦の
秘密結社を装いました。
その後、義和団の乱を仕掛け
イエズス会とロスチャイルドを
中国から排斥しようとしましたが
失敗し、20世紀には
ロスチャイルドは
中国全土を制覇いたしました。

その後、
ロスチャイルド・ユダヤ系フランス人の
デヴィッド・ルネ・ロスチャイルド男爵等が
中国共産党のディープ・ステートの中心であった
のですが、現在はすべて排斥、しようと
しましたが20世紀には
ロスチャイルドは中国全土を制覇しました。

ユダヤ系フランス人のデヴィッド・ルネ
そしてロスチャイルド男爵等が
中国共産党のディープ・ステートの
中心であったのですが
現在は全て排除され習近平のみが残っています。
ついでにヒットラーは
ロスチャイルドの工作員の一人として
位置づけられています。
そのことを追加いたします。

日本は政権の中心の政党の幹事長が
親中派の親玉であったり
もう一つの新興宗教をバックに持つ
政権党が同様に親中派であり、
今後の同盟国としての
スタンスが問われる時が来るでしょう。

ジェノサイトの問題を抱える国とは
全ての人民が自由平等の精神が基本である
合衆国憲法が理念の基本である、
アメリカや民主主義社会の西側諸国は
お付き合いは不可能です。
それらは国際犯罪として認定される
物で同様な西の国々と集い
あらゆる手段を使ってやめさせなければ
なりません。

日本も同盟国として
それらの理念を有している国であると
認識していますので
政府や政治家は同様でなければなりません。
安倍政権が
昨年長い政権を終了したのはそのような
親中の政治家たちが中枢にいることを
危惧し排除するための政権交代であったはず
でしたが、残念ながら
いまだに中枢に残っているのが現状です。

日本におけるこのような政治家たちの問題は
日本の民意が大きくならなければ
動かないようです。

台湾問題が今、中共との間にある
大きな問題ですが、
日本の尖閣問題もしかりです。
日本政府が断固とした態度を
中共側に示さなければならない時かと思います。
真の保守のみが集った政党が
日本にも必要でしょう。

トランプ大統領は現在の共和党の現状に
とても危惧しています。

ここで話を変えましょう。
J・Fケネディジュニアは
1999年7月16日に
飛行機事故により死亡となっています。
その前に彼が残した
メッセージがあります。
「2020年に戻ってきます。」
なぜ2020年か?
ニコラテスラの技術で
論理的に考えればそれらの内容は
質問は全て解決されます。
我々のDECLASの発表は
2020年11月中旬までを予定していましたが、
タイムラインを少しずらしました。
それによりすべてのタイムラインは
今年の前半に起きるようにセットしました。
ので
彼の言ったニコラ・テスラの技術も
タイムラインのセットが変更になったようです。
なお余談ですが
ニコラテスラの技術はトランプの叔父にすべて
引き継がれていると言われております。
我々の計画である機密解除
DECLASの前に
システム上セットすることが2つありました。
それらのあることへの再評価と
グローバルな、リセットは
システム上、終了したことをご報告します。
さらに以前お話ししたイギリスの欧州連合のEU
離脱が我々の先に進めるための
一つの条件であったとお話ししました。
2020年12月31日時午後11時をもって
イギリスは、EU規則にしたがうのをやめ
移動や貿易移民や安全保障の協力関係
などに関するEUとの新しい協定が予定通り
施行されました
以上とても大切なことを別記いたしました。
・・・
<終り>____________
ところで、上記のコメントに対し
シャンティ・プーラより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=263710
<引用開始>_______________
・・・”現在はすべて排斥され習近平のみが
残っています”
と言っています。
私は、香港デモの背後にいたのは、
フランスのデヴィッド・ルネ・ロスチャイルド男爵
だと見ていました。
彼と習近平の戦いだったわけですが、
習近平が勝利しました。
この事で、デヴィッド・ルネ・ロスチャイルド男爵の
部下であった江沢民の派閥は、
共通の敵という事からトランプ大統領に接近し、
ハンター・バイデンの情報を選挙前に
リークしたと見ています。
時事ブログでは、
たびたび現在のディープステートの親玉は
習近平であると指摘したのですが、
中国共産党には明らかに
反習近平派が存在しており、
彼らはデヴィッド・ルネ・ロスチャイルド男爵の
支配下にあると考えられます。
4分20秒~45秒の所で、
“日本は政権の中心の政党の幹事長が
親中派の親玉であったり、
もう一つの新興宗教をバックに
持つ政権党が同様に親中派であり、
今後の同盟国としてのスタンスが
問われる時が来るでしょう”
と言っていますが、
恐らく菅首相に与えられているミッションは、
次の新政権への橋渡しだと思われます。
「れいわ新選組」が失速している以上、
小沢一郎氏が中心人物であるのは
間違いないでしょう。
(竹下雅敏)
<引用終り>_______________
竹下氏の予想は意外でした。
和多志はこのひと(小沢氏)は
てっきり、日本を売ってきた在日だと
思っていました。
まあ、でも
日本を脅かす、共産邪霊の動きが、今の段階では
習近平の手の内にある
ということは、間違いなく。
習近平が、本当に
共産邪霊に憑依されていなければ
中共路線は、解体され、
中国の民主化に舵を切っていくと
思われます。
ソヴィエト連邦解体で、最後を
閉めた「ゴルバチョフ」のように
習近平もそのような役割を
担っているかもしれません。

さらに、これは、妄想に近いので
これ以降は、マニアックなので
お読みにならなくとも結構です。

さて、
以下の動画が、昨年に流されています。

日本のディープ・ステートらは
もう、日本に居なくなった
可能性があるようです。
現在、居るのは
・ゴム人間
・クローン替え玉人間
・影武者人間

■東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!?

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました