中共が偽画像で豪州を中傷 米国「中共はモラルの最低ラインを超えた」【禁聞】・・・12 /11【米国不正選挙 関連情報】

NTDTVJP

こんにちは、\イッカク です/


「NTDTVJP」より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
豪州が中共肺炎の発生源に関する調査を
行うよう提案してから、
中国と豪州の関係は悪化し続けています。
先日、中共の戦狼外交官・趙立堅氏が
ツイッターに偽の画像を投稿し、
豪州の兵士がアフガニスタンの子どもを
虐殺したと非難しました。

豪州の与野党は立腹し、
中共に謝罪を求めています。
米国務省の副報道官は、
中共の行為はモラルの
最低ラインを超えたと表現しました。

豪州政府はそれより前に、
豪州の19人の兵士が非武装の
アフガニスタンの囚人と民間人を
殺害したために
刑事訴訟の対象になると発表していました。

中共外交部の趙立堅報道官は11月30日、
ツイッターに豪州の兵士が血だらけの
ナイフをアフガニスタン人の
子どもののど元に突き付けている画像を
貼り付け、
「豪州の兵士がアフガニスタンの民間人と
囚人を殺害したことにショックを受けた。
我々はこの行為を強く非難し、
当事者の責任を追及するよう求める」
と投稿しました。

■中共が偽画像で豪州を中傷 米国「中共はモラルの最低ラインを超えた」【禁聞】

■編集後記
今になって、中共のこういった
「本性」が浮き彫りになっています。
中共は最低最悪の低能であり非道。
このことは、日本においては、
あの「南京大虐殺の嘘」や
「従軍慰安婦の嘘」ともつながる
世論誘導や捏造であったということを
物語っているようです。
南京大虐殺の嘘については、

■南京大虐殺の嘘:事件後、日本人は歓迎されていた!

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55837
とか

■南京大虐殺の嘘:あり得なかった「市民の大虐殺」

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56035
に記されている。
また、
この嘘の「でっち上げ」には、時の中国に協力した
ように見せているが、実は
米国のコミンテルン(現在のディープステート)が
主導してやらせた。
それは、、、「米国がでっちあげ」
というより、

■「南京大虐殺」は アメリカのディープステートによる 反日工作であった!

ということのようです。
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0417/jbp_200417_4633622688.htmlより
<引用開始>_______________
「全米のキリスト教関係者と
コミンテルン関係者によって
動かされていた
「アメリカ委員会」と
「教会委員会」が一丸となって、
南京での中国軍や市民の掠奪・放火なども
「日本軍の悪行」に
仕上げて世界に宣伝し、
ルーズベルト大統領に
反日を働きかけていた
構図が浮かび上がってくる。」
<引用終り>_______________

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました