【そこまて来ている、新しい技術】ワイヤレスパワーとシグナリングへの進化・・・ツェネック表面波理論

こんにちは、\イッカク です/

トランプが再選され、世界が
一定の落ち着きを
取り戻した、暁には
その先には、新世界秩序が
待っていることでしょう。

それは、これまでのDSカバールが
描いていた、人間牧場では無く
人が自然を大切にし
育んでいく世界観だと思います。

脱・化石燃料
脱・原子力
でなくてはなりません。
そう、テスラが考えていた
地球自身の回転で生じる
エネルギーを電気に変えるやり方が
自然です!
■Tesla coil and future world.

■編集後記
そのようなエネルギーを
どうやって?
と思われますが、

すでに、とある企業などが
その夢のエネルギー開発を
進めている状況が散見されています。

いわゆるフリーエネルギーの
類になるのかも
しれません。

たとえば、、、↓(画像をクリック)

https://vizivtechnologies.com/about/
<引用開始>_______________
・・・
ツェネック表面波理論は
科学界からほとんど無視されていました。
初期の実験誤差により、
ドイツの太陽エネルギー・水素研究所(ZSW)は
数学的異常にすぎないと
考える人もいました。

ジェームズ・コラム博士と
ケネス・コラム兄弟が実験し、
ツェネック表面波が
現実であることを
証明したのは
2003年のことでした。

フィクションではなく、
科学的事実。

この発見に触発されて、
Viziv Technologiesは、
産業および商業利用における
ZSWでの実現と使用のためのシステムを
作成しました。
アプリケーション固有の送信機プローブを
介してZSWを優先的に起動する
特許取得済みのプロセスを開発しました。
これにより、この構造から
発せられる信号を世界中で観測でき、
そのように選択すると、
複数の受信機ステーションに
ワイヤレスで電力を供給することができます。
<引用終り>_______________
日本のメディア(カバール配下)では
このような放送は一切しません。。。
■VizivTechnologiesはワイヤーなしで電力を送ります

■テキサステスラタワーウォーデンクリフタワーとツェネック表面波

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました