【共産邪霊の思想:共産主義】・・・アメリカを支配していたマルクス主義のアジェンダ・・・ポリコレ戦術・・・戦略はターゲットとなる国家の「分裂と征服」

香港大紀元新唐人共同ニュース

こんにちは、\イッカク です/

今回は「大紀元 エポックタイムス・ジャパン」より
~~~~~~~~~~~~~~~~~
10年前に製作された
ドキュメンタリー映画
「アジェンダ 瓦解するアメリカ」が
脚光を浴びている。
製作者のカーティス・バワーズ氏は、
アメリカの教育からメディア、
そしてハリウッドに至るまで、
アメリカの制度を腐敗させ、
アメリカとその価値観を
内側から破壊する共産主義者の計画を
映画で明らかにした。
そこで使われる主な戦略は、
分裂と征服であり、
アメリカ人を互いに敵対させるものだった。
今回のインタビューでは、
彼の映画が現在のアメリカ政治に
何を教えてくれるのか、
そしてアメリカ人同士の関係が
再び友好になれるのかについて、
バウワーズ氏に話を聞いてみた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■【米国の思想リーダー】
カーティス・バワーズ、
マルクス主義のアジェンダは
どのようにアメリカを支配しているのか

■編集後記
まさに、
「言論の自由を奪う」戦略は
その言葉、正しく聴こえることを説き
さもありなん(然もありなん)と
思わせる洗脳工作が
ポリティカル・コレトネスを
大いに利用している戦術です。
今でも、共産主義者らが
得意げに語っています。。。
ポリティカル・コレクトネスは
「特定の人々を害する
言動を避ける」
ということだそうです。
例として、
▲女性既婚者を示す”Mrs”や
未婚者の”Miss”を使うのではなく、
“Ms”の称号を用いる
▲”Black(黒人)”ではなく、
“African American(アフリカ系アメリカ人)”
と言う。
▲看護婦や助産婦、保健婦といった女性系名称は
2002年に「看護師」「助産師」「保健師」
と改められた。
▲性名詞のスチュワード、
女性名詞のスチュワーデスも、
「客室乗務員」や「キャビンアテンダント」
と呼ばれるようになった
▲保育園の保母さんも、今は「保育士さん」
が、、、
ここまでは、良いとして、、
▲アメリカでは
クリスマスの挨拶に
「メリークリスマス」ではなく
キリスト教徒でない
人も多い国なのだから、
宗教行事的な言葉は
いかがなものか?
という意見が多く聞かれ
オバマ大統領まで
「ハッピーホリデイ」を
用いるべきとされてきました。
ところが、
トランプ大統領になって
彼は「メリークリスマス」と
堂々と「自由」を言い放ちました。
やったぜ、さすがトランプ
と思います。
そして、日本でも、「ポリコレ」が
幅を利かせて、
昔の漫画とかドラマのセリフ
が、「過剰なポリコレ」
思想によって
放映禁止や動画内容が修正
されるなど、
伝統ある歴史的な
表現や文脈が破壊され
ています。
日本全体がポリコレのクレームで
「ポリコレ疲れ」を起こしています。
昔から、何も、日本人は
他人や職業を卑下したり
差別したりはしていなかったのに
返って、ポリコレのせいで
他人や文化・伝統に対する「配慮」の
概念が混乱させられました。
余計な横文字は、要らないですね。
加えて、日本には
日本人の国家なのだから
中国語表記やハングル表記などの
過度の看板表記は「不要」ですね!
思いっきり日本語以外の環境で
リゾートを味わいたいんだったら
自国でやって頂戴と思います。

話は脱線しますが・・・
終戦後の洗脳を受けた
日本人が「劣化」してるものだから、
すっかり、他所の国から馬鹿にされたり
「ゆっくりと侵略されている」
ことすらも、
気づかないでしょう!!!

多くの皆さんは、生活の「ゼニ」を
稼ぐので、手一杯!
なんて、目先のことしか考えないで
会社(学校)⇄自宅
ばかりやってると、
カミさまの声が
聞こえなくなって
気がついたら、周りが、
朝鮮半島人や中国人だらけに
なっていて、公用語は
ハングルか北京語
になっていました。。。。
これ、本当ですから!💢

あなたは、笑えますか?

私は、ムカつきますよ。
誰にって?

そりゃあ、
日本人自身の「大バカ」にですよ!

最初、
村人の人口が足りないから
安易に日本人意外の同じ肌色の
「ゲージンでもよめっこさ、
きてけんだら、もらうべよ!」
と相手の民族性や習性も考えずに
嫁を取った、、、ばかりに

コレガ、「点」⇒「線」⇒そして「面」

この攻撃を受けているのですよ!

コレですから!
韓国に支配された道の駅(山形県)💢

いま、神国の人と海と陸と山が
侵されつつあるのだ!

因みに政権も芸能界や財界と同じく
朝鮮の血筋の方々がほとんどですから
皆さん、信じられないんでしたら
新聞・TVでは、
情報は流れてませんから!
ネットで調べてみてください。

では、また。


スポンサーリンク
ポリティカル・コレクトネス

独裁者 “ブログ市長”の革命

反日 メデイアの正体

コメント

タイトルとURLをコピーしました