【中共の驚異と危険性】テンセントのゲーム「王者栄耀」は1日平均1億人のプレーヤー数!・・・ビデオゲームで遊んだら、 あなたは中国から監視される かもしれない

共産主義

こんにちは、\イッカク です/

あなたの個人情報が
SNSや、こないだまで、
騒がれていた
「TikTok」に抜かれて、
中共の保有するサーバーの
個人情報識別DBに登録されている
リスクが大きい
危険性が指摘されていた矢先、、、

今度は、ゲームで有名な
テンセントゲームが
怪しいとされています。

特に
「王者栄耀」

このゲームについて2018年に

「王者栄耀 世界売上トップゲーム!
遂に日本語版が出たぞおおおおおおお!」
と話すのは
坂上恵氏・・・ジェンダーっぽく見えますね。

話を戻して、このテンセントのゲームは
危険であるといいます。

■米シンクタンク「ゲームはTikTokよりもハイリスク」あなたの情報はつつぬけか

上記動画内のコメントより
<引用開始>_______________
中国のSNS、TikTokやテンセントの
ウィーチャットに情報セキュリティ問題が
あることは広く知られています。
しかし米国の情報セキュリティ専門家は、
ゲームソフトの使用はこうした
SNSを使用するよりも
リスクが大きいと警鐘を鳴らしています。

米国政府の元情報セキュリティ専門家、
ディビッド・アルテル氏と
CNAS非常勤研究員の
ジョーダン・シュナイダー氏は
ウォールストリートジャーナルに、
テンセントは10年前から
投資や直接的な買収といった手段によって
世界的なゲーム開発会社を
数多く手に入れているとする
一文を寄稿しました。

これには
World of Warcraft
(ワールド オブ ウォークラフト)の
親会社のビザード・エンターテイメント、
League of Legends
(リーグ・オブ・レジェンズ)
開発会社の
ライアットゲームズ、
Fortress Heroes
(フォートレス ヒーローズ)の
エリックゲームズ、
Clash of Clans
(クラッシュ・オブ・クラン)を
制作したフィンランドの
スーパーセルなどが含まれています。

「ビデオゲームで遊んだら、
あなたは中国から監視される
かもしれない
(If You Play Videogames,
China May Be Spying on You)」
と銘打ったこの記事は、
米国人がゲームに
費やす時間は
TikTokやウィーチャットよりも
はるかに長く、
中共が世界のゲーム市場を
掌握しているという問題は
「より切実だ」と
警鐘を鳴らしています。

専門家は、
ゲームを始める前には
ユーザーは一般に
本名と支払い情報、
居住国などを提供する必要がある
ほか、さらに
ゲーム提供者はチャットルームから
ユーザーの音声情報を収集して
ボイスライブラリを作成することも
できるため、
中国当局は数百万もの
ゲームプレイヤーから
さまざまな個人情報を
収集することができると
指摘しています。

この記事は、
米国政府はゲーム会社に対し
収集した関連データを
米国のクラウド端末に
保存するよう求めているほか、
外国投資リスク審査現代化法
(FIRRMA)を適用して、
中国企業を
米国でセンシティブな
データに接触できると
認定されたゲーム会社から
外すよう求めています。

テンセントは11月2日に、
2020年に同社の運営するゲーム
「王者栄耀」のプレイヤー数が
前人未到の1日平均1億人に
達したと発表したばかりです。
<引用終り>_______________

■編集後記
娯楽分野にまで
その触手を伸ばしている
中共は、悪行の戦略が
かなり浸透しているようです。
多分、これは
「孫子の兵法」を
学んで、世界戦略に
取り入れているようにも
思われます。
中共からみた「敵」は
国民国家のようでもあり、
世界覇権を邪魔するものは
何でも敵なわけでしょうか?
しかし、習近平は
有能な独裁者とは
思えないように見えますけどね。

■兵法書「孫子」はどんな書物?

では、また。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました