ミュージックサイレンがこの世から消えていく・・・昭和に生まれた和多志としては、とても寂しい。

なつかしい


こんにちは、\イッカクです/
今回は、確か1950年代に生まれた
音を奏でるサイレン
=ミュージックサイレンが
日本の各地で時報として
使われて始まりました。
今は、その音を聞くことができなくなりました。
以下、関連動画を「引用」し置きます。

このサイレンの製造元は「ヤマハ」だったんですね。

なるほどね、戦後まもなくだったので
時報のためのサイレンは
空襲警報を連想させるから・・・というものだったんですね。
オルゴールの仕組みを応用したリレー回路? ほう。。

コチラ、ヤマハ本社(浜松)が終わりました。。。残念です。

そして、最後のお別れ
浜松市楽器メーカー工場のミュージックサイレンが
老朽化のため運用最終日を迎えました。午後5時の最終曲「蛍の光」
2018/12/28

■編集後記
こちらは、和多志の地元「仙台」で
昔、聞かせてもらった丸光デパート ミュージックサイレンでした。
アドバンテージさま、貴重な音をありがとうございます。

上記動画で、「無断転載禁止」と記されています。
https://best-legal.jp/reprinted-without-permission-55635/

和多志は「引用」させて頂いております。
もし、差し障りがお有りでしたら
すぐに削除いたします。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました