【EriQmapJapan’s Newsletter より】
8. (最終回) 敵の急所を狙って殺します。地球外の存在と争う時の戦闘環境を考えると、接近戦は必至です。

EriqmapJapan


こんにちは、 \イッカクです。/
今回も

「サイファイ・ワールド・ルナシー:
クリフ・ハイvsジャン・クロード対談」(2023/10/28)から以下置きます。
ソース:https://rumble.com/v3rq1zs–sci-fi-world-lunacy-with-clif-high-and-jean-claudebeyondmystic.html
<引用開始>_______

クリフ:これはリセットであり、時代の航海なのです。わたしたちは水瓶座の時代に突入しているのであり、知識はその一部なのです。だから、まず最初にすべきことは、各自、自分を守るための知識を身につけることです。他の誰の知識にも頼らないことを理解してください。

わたしの物事に対するアプローチは、
非常に偏執的で、非常に慎重です。
だからわたしは
ホドラー (=ビットコインを長期保有する人)なのです
…銀、金、ビットコイン、イーサリアムなどの、
確かな資産を持ち続けたいという意味で。

わたしは、
カザール・マフィアによって運営されている、
ネズミ講そのもののマネーシステムが、
末期で死につつあることを知っています。
その兆候はあちこちに出ています。
巨大な流動性危機が発生する
可能性があると言う人がいますが、
デジタルの時代に流動性危機が起こりうるか
どうかについては、わたしは異論があります
…具体的に、紙のドルがデジタルの
ドルよりも価値が高くなるような
分裂を話しているのでなければ。
しかし、それ自体がFRBを崩壊させることになります。

もしクレジットカードが使えなくなり、
実際にドルの代金を
支払わなければならなくなったら、
デジタル・ドルの信用は
即座に失われます。
そうなれば、債務システム全体が死んでしまいます。

コンビニで
「そのカードは使えません」と
言われるようになれば、
ガソリン代を払うのに、
紙幣か10セント銀貨を渡さなければならなくなります。
それが紙の借金システムの死なのです。
数ヶ月先にはそうなるでしょう。

今、経済的な混乱が起こりそうな状況にあり、
これが、その崩壊のカーブになりますが、
時が経つにつれ、
そのような状況に反応する人たちも
出てくるでしょう。
誰もビジネスに遅れをとりたくないし、
崩壊のカーブに巻き込まれたくないのですから。

ハイパーインフレは、中央銀行が
コントロールできるものではありません。
中央銀行は、紙幣を刷る量によって
インフレをコントロールしますが、
これに対し、
ハイパーインフレは、
国民がこれをコントロールします。
ハイパーインフレは感情的な状態であり、
物理的な経済状態ではないのです。
つまり、
ハイパーインフレとは、
一週間の給料を一時間で使い切ってしまうような状態のことです。

<引用終り>_______
⬇(続きはコチラから)
JC:ハイパーインフレは、もう目前に迫っているのでしょうか?
■編集後記
とりあえず、金融が崩壊するには、衣食住の
「食」が途絶えないようにしなければなりませんが
実際に、物が買えない状況というのは
具体的には、一時的に物がおカネと交換できなくされる
ということですから、
全く、地上から食がなくなるということの
恐怖は無駄に起こさなくとも良いのです。
とりあえず、ロックダウンが起こされるでしょう。
今のうちから、せいぜい
「備蓄」を心がけましょう。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました