【EriQmapJapan’s Newsletter より】
1. リモートビューイングの最中に、
月にいる存在も、こちらを直接見返していたのです。
わたしたちは思いがけず、大変な状況に巻き込まれました…
おそらく、宇宙がそれを望んだのでしょう。

EriqmapJapan


今回は、、
「サイファイ・ワールド・ルナシー:クリフ・ハイvsジャン・クロード対談」から
ソース:
(2023/10/28) https://rumble.com/v3rq1zs–sci-fi-world-lunacy-with-clif-high-and-jean-claudebeyondmystic.html
<引用開始>_______

JC:クリフさん、この話を進める前に、ウェブボットのデータについてお聞きしたいのですが。ウェッボット・データ・プログラムの立ち上げから2~3年経った頃だったと思いますが「月に関するデータセットがあり、それに興味をかき立てられた」と、あなたはおっしゃっていましたね?あれから1年経った頃、さらに多くの情報が出てきたように思います。そして今、これらの古いデータセットの有効性が証明され、非常に特殊な時間的マーカーが示されつつあります。なので、まずは、ウェッボットのオリジナル・データセットの舞台を、聴いている方々のために整えたいと思います。それではクリフさん、お願いします。

クリフ:データセットを始めたとき、わたしにとって、株式市場以外の情報を得ることはショックでした。実は、1997年、最初にこれに着手したとき、月に関するデータセットがすでに存在していました。そしてわたしは、その解読と解明に何年もかかっていたのです。当時のわたしのニーズには合っているように思えましたが、ソフトウエアが何か奇妙なことを成し遂げていて、予測不可能な動きがあったのです。

とにかく、 わたしたちが考えているようなものとは違う、月についてのいくつものセットが展開されたのは、2000年以降でした。その後はそれが急展開し始め、2005年頃までには、本当に1つ1つの情報が、しっかりとこれを牽引するようになり、データも少しずつ増えていきました。

当初わたしは、これは、映画『2001年宇宙の旅』や、その他のいろいろなことが原因なのだろうと考えていました。なぜなら、わたしは、インターネット上にあるすべての言葉をかき集め、人々の頭の中から出るものすべてを拾っているからです。つまり、人々がメディアの影響を受けているのなら、データもメディアの影響を受けることになる、というわけです。

なので、言葉を変化させる裏付けとなる資料が見つかるまでは、それほどこれを信用したことはなかったのですが、2008年頃から、月に関するデータセットの中に、わたしが知ることのできなかったものが現れ始めました。しかしそれでも、人々がそのような情報を流出させるような根拠となるものは、どこにも見つかりませんでした。そこでわたしは、この謎に本格的に取り掛かったんです。それ以来…。 

JC:当時はデータ・ストリームを汚染するコリー・グッドもいなかったんですね?

クリフ:その通りです。コリー・グッドたちが、わたしにいちゃもんをつけて訴えたりするような時期がありました。その結果として、すべてのデータセットが途絶えてしまったんです。その後コリー・グッドやデーヴィッド・ウィルコックの戯言 (たわごと)は、すべてが消え去り、ここ数年では、わたしがおこなった数限られた調査でも、特に月に関するより高度な情報が得られ、非常に複雑なセットを構築することができるようになりました。

繰り返しになりますが、わたしが得た情報のほとんどは、どんなに有名なSF映画や、歌や…名前は忘れましたが…日本のコミック漫画で再現されていたものの中で目にしてきたものとも、大きく異なっています。とにかく、これらの資料のソースが見つからないので、氣をつけて見ていたんです。

マウイ島の火災の1年と4~5ヶ月くらい前の時、リモートビューイング・チームの人々が、その火災の光景を予見していました。そして、彼らの見ていたことすべてが現実化するようになり始めた頃、わたしは彼らに関わるようになりました。今日はそれについての詳しい話をするつもりはないですが、そのうち取り上げるつもりです。

<引用終り>_______
(以下、続き)

しかしわたしはその時から全人類か影響を受けている-時間にも興味を持つようになりましたつまりリモートヒューインクチームの人たちかある事象に心を向けたことかわたしたちか今いる-時間を変えてしまったのてすわたしはその証拠となるようなものを手に入れたと思います

■編集後記
2019年当時、「シャンティ・プーラ」に
コーリー・グッド氏とディビッド・ウィルコック氏と
Eriさんのことが 書かれていましたので
以下置きます。
ソース:コーリー・グッド氏とディビッド・ウィルコック氏の主張を裏付ける、Eriさんの一連のツイート ~ルッキング・グラスで、2012年以降を遠視しようとしてもなぜか全く見えなくなってしまった理由 – シャンティ・フーラの時事ブログ (shanti-phula.net)
<引用開始>_______

竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんの一連の興味深いツイートをご覧ください。
昨日の記事で、ルッキング・グラス技術に関する
記事を取り上げたので、
Eriさんのツイートの内容が、
若干解りやすくなっているかも知れません。
 Eriさんは確か、“コーリー・グッド、
ディビッド・ウィルコックって誰ですか?”と
言っていました。
2人のことを全く知らないと思われる
Eriさんのツイートの内容は、
2人のこれまでの主張の裏付けになります。
 21番目のツイートで、
2012年問題について触れ、
“70年代に入ってから2012年以降を
遠視しようとしてもなぜか
全く見えなくなってしまった”と書かれています。
 実は、2007年以降に始まった
天界の改革で、
これまで地球を支配してきた
神々やハイアラーキーの中枢部分が、
消滅してしまったのです。
地球の支配層は、
ハイアラーキー(ホワイト・ロッジ)、
あるいはブラック・ロッジに繋がっていたので、
彼らが滅び、
天界の統治に神々が復権したことで、
彼らは何も知ることができなくなってしまったのです。
 例えば、サナット・クマーラ、マイトレーヤに
導かれたハイアラーキーが滅ぼされたのは、
2010年1月23日午前0時15分頃
です。
私は、彼らが消滅し、
植物システムへ転落する
この瞬間に立ち会っていたので、
よくわかっています。
 神々は現在、
ハイアラーキーの残党、
コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)を
殲滅しているところです。
科学者が困惑するような場所で起きている地震が、
それだと思っていただいて結構です。
 ほとんどの地球上のチャネラーは、
ハイアラーキーの残党の方に繋がっているので、
彼らが未来を予測することはできません。
また、彼らは、魂(ジーヴァ)を
滅ぼされているので、
未来を神々と共に作る活動に
参加することもできません。
神々と繋がっていれば、
未来を予測すること、
あるいは未来を見ることも可能となるでしょう。
(竹下雅敏)
<引用終り>_______
もし、竹下氏の言うとおりであれば
現在の、「エロヒム」という存在は
ハイアラーキーの残党が作り出した
恐怖を煽るための
幻影(イリュージョン)なのでしょうか?
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました