【EriQmapJapan’s Newsletter より】
「世界を変える出来事 ? 」
クリフ・ハイvs ディック・オルガイヤー対談 (2023/9/16)
6. ハワイの法執行機関の人たちが
「1000人もの子どもたちが行方不明になっているが、
こんな情報を公表するわけにはいかないから
死者を115人にしておこう」
と決めたそうです。
彼らは、本当の死亡者数を公表できないのです。

EriqmapJapan


こんにちは、 \イッカクです。/
今回もクリフ・ハイvs ディック・オルガイヤー対談 (2023/9/16)を
以下置きます。
ソース:
https://www.bitchute.com/video/ZQHzh8TTLQcn/
では、
<引用開始>_______
ディック:
さっき、ハワイのニュースを読みましたが、
ハワイの火災の公式な犠牲者は
115人だそうです。
毎日三人ずつ死者が増えているはずなのに、
なぜか犠牲者の数が変わらないのです。

法執行機関に勤めるわたしの
知人の知り合いによると、
彼らは会議で
「1000人もの子どもたちが
行方不明になっているが、
こんな情報を公表するわけには
いかないから 死者を115人にしておこう」
という結論を出したそうなのです。
彼らは、
本当の死亡者数を公表できないのです。

学校の名簿に名前のある子どもたちが、
よその学校に 転校したわけでも
ないのにいなくなり、
どこに行ったか まったくわからず、
そして発見されたのは、
トラックに山積みにされた
115体の遺体だったのだそうです。

クリフ:
あちこちにネットや
壁が張り巡らされていると聞きましたが…。

ディック: そうなんです。
車で現地に見に行くのも、
立ち止まって写真を
撮るのも禁止なんです。
メディアも立ち入り禁止で、
カメラを持っていたら追い出されます。
現地の弁護士に聞いた話によると、
マウイ島の東にある洞窟に
集まっていた、
たくさんの ネイティブ・ハワイアンが
殺されたそうです。
きっとその場所は、
霊に取り憑かれることになるでしょう。

クリフ: わたしたちは、
非常に深刻なレベルの戦争に
巻き込まれています。
911も当然そうですが、
1913年以来、
そしてそれ以前から、
わたしたちに起こっている出来事は
すべて、この戦争の一部なのです。
カザール・マフィアは、
1890年代に、
アメリカが経済的な問題に
直面するよう仕組みました。
それは、1904年に
自国の通貨を採用させようとする計画に
よるものでした。
そして、セオドア・ルーズベルトが…。

ディック:
それは、うまくいきませんでしたね。

クリフ:はい、そして最終的に、
娘を殺すと脅して
ウッドロウ・ウィルソンに署名させ…。

ディック:
クリスマス・イブには
議会を通過させたんですよね。

クリフ:はい。
だからわたしは、
彼らこそが 何かをしなければ
ならないと思っています。
彼らは、今が不確実性の時代であることを
理解しています。 そして、
もし彼らが 何もしなければ、
膠着状態に陥り、
システム全体が暴露されることになるでしょう。

ニノに「このイベントは選挙と関係があるのですか?」
と 聞かれたのですが…データセットによると、
これには政治的な言葉や
その他諸々があります。
これがどんなものになろうが、
すべてがこのイベントの中に
取り込まれているのです。
<引用終り>_______
続き:https://eriqmapjapan.substack.com/i/138185516/このイヘントを計画している人たちは人類に対して悪意を持っているということはもちろんてすか基本的に自分たちの保身のためにやっているんてす

■編集後記
>お金は物理的な魔法です。
>これは “バビロニアン・マネー・マジック”と呼ばれるもの
確かに、カザールmafiaは、魔法術に
長けています。しかし、魔法は幻想ですね。
人々を信じ込ませれば勝ちなんです。
「噓」で信じ込ませる力。
それが魔法ですね。
お金は、「信用創造」ということで
作られてしまいますから。
そして、「病源創造」もしました。
ハイ、それが、「ウィルス」という存在です。
いまだに、氣付いてない
医者や科学者がいます。
魔法が掛けられたままの人間です。
かわいそうに🤣

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました