【EriQmapJapan’s Newsletter より】
「世界を変える出来事 ? 」
クリフ・ハイvs ディック・オルガイヤー対談 (2023/9/16)
3. 基本的には、あるイベントをきっかけに、
その時点から世界は変わってしまうのです。
それはまるで、“今こそが、人類が決して後戻りできなくなる時代である”という、
公式な歴史的ポイントのようなものです。

EriqmapJapan


こんにちは、 \イッカクです。/
今回もクリフ・ハイvs ディック・オルガイヤー対談 (2023/9/16)を
以下置きます。
ソース:
https://www.bitchute.com/video/ZQHzh8TTLQcn/
では、
<引用開始>_______
ディック:あ。ヘリコプターの音が聞こえます。

クリフ:あっ、それはよかったですね。(笑)

ディック:ほら、今、ブラックホークス・ヘリが、上空を旋回していますよ。お邪魔してすみません、911のリリース言語の話でしたね。

クリフ:そう、それは一日で終わります。わたしたちはその後、人々が毎日毎日ずっと、起きていることを頭で理解し消化していき、その過程で口にする言語を拾っていたのですが、突然愛国者法ができ、みんながそれに熱狂し、流れが変わってしまったのです。

もしこれが、一度の攻撃では終わらず、その代わりに陰謀が発覚し、計画者が糾弾され、逮捕されたとしたらどうでしょう?そうなると、3~5日かかるかもしれないし、1~2週間かかるかもしれません。

ディック:それ以上かかるかもしれませんね。

クリフ:そうです。しかし問題は、その期間中における言葉の広がりです…というのも、イベントの継続時間が、多くのことに影響するからです…それが指向性エネルギー兵器の場合であっても。あなたの仲間の…ダズだったかな?…が見せてくれたあの絵は、衝撃的でした。

ディック:それは、ナイームですね?政治的関心の話ですよね?

クリフ:いえ、爆撃が繰り返される話です。誰かがそういう絵を描いていました。

ディック:エリックかな?

クリフ:ああ、そうだったかもしれません。あの絵はショックでした。なぜなら、あれこそが、わたしの頭の中にある指向性エネルギー兵器攻撃のイメージそのものだったからです。

わたしが集めた言語がもたらすイメージは、何マイルも離れたどこかの丘陵地帯の分譲地の通りに立っている人々の姿です。彼らは、携帯電話やカメラを持って、特定の場所に繰り返し降り注ぐエネルギーの写真を撮っています。それは、埃が舞い上がりくすぶった状態になるまで、何度も何度も同じ場所を繰り返し攻撃する光景です。レポートの内容からして、それは5~6時間かかるかもしれません。そして、それはおそらく、ほとんどの場合、朝の6~7時に見られます。しかし、昼頃に写真を撮る人たちもいる…と、こんな感じです。

このようなことが起きれば、81に早く到達し、人々は情報をすぐに知るようになるでしょう。イジェクタや隕石の類のものであれば、それはあっという間のことかもしれません。そうなればその後は、どうしても混乱は避けられません。

ディック:我々の仕事を知らない人のために、簡単に概要を説明させてください。我々は “未来予測グループ”と呼ばれる、とても優秀なリモートビューワー (遠隔視聴者)で、暗号通貨分析や古代ミステリーなどの、未来の出来事を予想し、 毎月、次の月のニュースを予測しています。

7月には、炎の壁から命からがら逃げ惑う人々についての予測を公開しました…どこでそれが起きるのかはわかりませんでしたが、大きな火事で、何十人もの人が走っていました。注意喚起すべきだったのですが、詳細がわからなくて…それは結局、マウイの火事のことでした。ニュースを見てわかったのです。
クリフ:1カ月先を見越して仕事をしていたんですよね。

ディック:はい。火災の3週間前に発表しました。そして、マウイ島の火事を見たとき、わたしは「ああ…こうなることがわかっていたのに」と泣き崩れました。
実は2022年に、わたしたちは非公開で、来年のハワイ諸島が安全かどうか、知っておくべき出来事があるのかどうかについて調査しました。その時、ダズ・スミスが、海岸沿いの町が指向性エネルギー兵器の攻撃を受けて建物が破壊され、多くの犠牲者を出すという内容を予想しましたが、火災現場の東にある山の描写まで、完全に彼の描いた絵の通りでした。

<引用終り>_______
続き:
https://eriqmapjapan.substack.com/i/138185488/年前の年にハワイの未来についてのテータを見たときわたしたちはまさかここまて酷い大災害なんてあり得ないたろうと思いそれをお蔵入りにしてしまったのてす
■編集後記
指向性エネルギー兵器攻撃というものが
世の中に知られてきました。
あんなモノが、噂であれ、なんであれNET上では
公で物議を醸しています。
そのような兵器が有るということを
知ったからには、その兵器による戦争が
なぜ、現在、起こってないのか?
それは、たぶん
私たち大衆=地上人口の
99%を「騙している」に違いないのです。
本気で、国家間戦争になれば、DEW(directed-energy weapon)が
主要な兵器になっていてもオカシクないですね。
なぜ、使わないんでしょうか?
・ロシアvsウクライナ
そして
・イスラエルvsガザのハマス
俯瞰すると、すべて演技演出だったということです。
茶番です。
しかも、茶番だと分からずに本気にさせられている
人々が、81%なのかも知れません。知らんけど😁。
なぜ、そうしてるのか?
プロレス興行と同じですね。
最後は、混沌下、焼け野原、どうする俺たち?
そんなときに
世界新政府が、「復興に手を貸しましょう」
「その代わり、我々に従ってください」
という感じに、新世界政府の強制管理下に
置かれていく方向が、ロードマップで
描かれているように思われます。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました