【EriQmapJapan’s Newsletterより】2. CIAは、”ハイパースペースの知識を得るために、レッド・ゴーグル実験をおこなっていました。そのために、一体何人の人が殺されたか、知る由もありません。・・・「コズミック・インタビュー」(by クリフ・ハイ&Dr.リー 2023/02/10)

EriqmapJapan


こんにちは、\イッカクです/
今回もEriさんの
翻訳による
「コズミック・インタビュー」から
以下置きます。

それでは、クリフ・ハイ氏&リー・メリット医師らが
語ってる内容の記事を以下のリンク先でお読みください。
CIAは”ハイパースペースの知識を得るために、レッド・ゴーグル実験をおこなっていました。そのために、一体何人の人が殺されたか、知る由もありません。

わたしの理解では…彼らは人に装着できるものを探していました。ハイパースペースに飛び込んで、誰かと取引をして、知識を得て、装置を外して戻ってくる。そしてまた、普通の人と話せるようになる…といったようなものです。リー:それを経験することで、精神的におかしくなることがなければ…。クリフ:そうなんです、そこが問題なんです。彼らは、このレッド・ゴーグル実験で脳に電氣ショックを与えることで、たくさんの人々を廃人にしたり殺したりしてきました…一体何人の人が殺されたか、知る由もありません。そして彼らは、合成麻薬に深く関わってきました。

■編集後記
今でも、謎な存在が「CIA」
CIAといえば、中央情報局(CIA:Central Intelligence Agency)のこと。
アメリカ合衆国版の諜報機関。
アメリカは州単位で区切られており
連邦政府では手が出せないような
反米政権の転覆や要人暗殺を影で
やる機能組織だと思われる。
別名、クーデターメーカーと
呼ばれ、9.11なんかはテロのせいにして
実は、自作自演をやって、3000人もの
犠牲者を出して、イラクへの戦意を
アメリカ市民に向けさせるなど
狡猾そうに見えながら、証拠隠滅と
工作のずさんさで、ツインタワー崩壊後に
数々の不都合な証拠が出ていた。
しかし、秘匿性の高い組織であっても
米国の国益と予算の範囲内での活動という
ワクは超えられないハズであったけど、
「米国の国益」の捉え方で、大きく違っている。
9.11を画策したブッシュ親子らは
DSであり、カザールmafiaの生贄儀式も
やっていたようであり、「レプ一族」という
見解も有るようです。
ネオコンとも云うべきグループですね。
彼らは、
国益を自分たちの利益として国家を
乗っ取って動かしてきた罪があります。
戦闘に駆り出されて多くの犠牲者が出ました。
安倍晋三やCSISを使って
日本を扱き使って来たことも彼らでしょう。
そして、最近、賑わいを見せている
「米軍元情報要員米議会公聴会UFO証言」なんかも
CIAが大きく絡んでいると思われ、
簡単に「真相」をオープンに出来ないように
ごまかし操作か抵抗をしているようですね。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました