【EriQmapJapan’s Newsletterより】1. チンギス・ハンは、軍事遠征によって、とても多くの人々を殺し、・・・「ザ・コズミック」(by クリフ・ハイ&Dr.リー 2023/02/14)

EriqmapJapan


こんにちは、\イッカクです/
今回はEriさんの
翻訳による
「ザ・コズミック」について、1回目は、チンギス・ハン…

それでは、クリフ・ハイ氏とDr.リー氏が
語ってる内容を以下引用します。
<引用開始>_______

1. チンギス・ハンは、軍事遠征によって、とても多くの人々を殺し、地球の二酸化炭素排出量を4分の1も減らしました。彼は、この地球上からカザール人を駆逐しようとしていたのです。

「ザ・コズミック」(by クリフ・ハイ&Dr.リー 2023/02/14) https://youtu.be/WEDCTHS5g4I

2023/07/17
クリフ:わたしは変人なのですが、ウチの家系は極端な妄想型統合失調症になる傾向にあり、弟はそれが原因で亡くなっています。わたしは、十代で統合失調症を発症し、生き抜くために、大量の幻覚剤 (サイケデリック・ドラッグ)を摂取してきました。そのおかげで、本当に起きていることを理解するのが得意になり、トラウマを経験したことで、わたしは、多くの人間に影響を与えている霊体を見ることができるようになりました。ハイパースペースに行くと肉体から解放され、トラウマが払拭されますが、そこから戻った時に肉体を回復させるのは大変で、体に非常に負担がかかります。なので、宇宙があなたにそれを勧めない限りは、誰でも幻覚剤を服用していいわけではありません。わたしは、何度もハイパースペースに行くうちに、カザール人がやりたい放題やっている理由について、100%理解しました。

そして、今現在の問題は、ここ50年間で、DNAドングルの調査が彼らの社会の中で復活していることに起因しているのではないかと思うのです。そのDNAが、あるいは彼らが発見した何かが、彼らを今、精神的に駆り立てています。そして、このウー(Woo)の世界において、非常に近い将来、彼らが地球外生命体とみられる存在とコンタクトをとると考えられる理由があるのです。太陽系で起きているさまざまなことから見て、彼らはその結論に至り、2050年、あるいは2041年に目標を定めたのだと思います。

 

というのも、この騒ぎについて彼らは、自分たちが隠し持っている文献の中で散見される、言語を超えた理解の体系化されたシステムを通じて、互いにコミュニケーションをとっていることを理解しなければならないからです。彼らは、自分たちの間で話している内容を隠すために、暗号やトリックを多用しています。彼らはある特定の言葉について、自分たちの文化の中だけに存在する、固有かつ異なる定義を持っています。なので、わたしたちがその言葉を見たところで、理解はできないのです。
リー:イディッシュ語のことですか?
クリフ:いいえ、イディッシュ語はユダヤ人の偽装工作のために用いられたインチキ言語です。彼らは1300年代に、ドイツ語の文字をヘブライ語に使われる文字に翻訳するという手法で、イディッシュ語をでっち上げたのです。
リー:「イディッシュ語は彼らの秘密の貿易言語であり、他の人々が彼らの経済を理解できないようにするためのものだった」と言っている人もいますが、そうじゃないんですか?
クリフ:いいえ。イディッシュ語は、完全に中欧のものです。
リー:なるほど。

クリフ:ロシアとトルコとヨーロッパの人たちに「宗教を選ばないとお前の国の国民を皆殺しにするぞ!」と脅されたカザールの王が「キリスト教を選んでもイスラム教を選んでも、ヨーロッパやロシアに攻められて即座に戦争になってしまう」と、悩んだ末に発明したのが、イディッシュ語を含むユダヤ教だったのです。

 

ドイツ語を音訳して、音素をとってヘブライ文字にしたのがイディッシュ語なので、実際のところは、イディッシュ地方の人たちは皆、ドイツ語を話していたというわけです。このように、この複雑な物語は、非常に多くの人々に多大な影響を与えたのです。わたしには、ユダヤ人の友人がたくさんいますが、深く掘り下げれば掘り下げるほど、彼らだけでなく、ユダヤ人以外の人たちまでもが、いかにこのような物語に操られてきたかがわかります。

この先、彼らがどうやって洗脳から解き放たれるのかと言うと…わたしは、攻撃的な宇宙人か平和的な宇宙人か、どちらかなのかはわかりませんが、いずれ宇宙人がやってくることにはなるでしょうが、そういう事態にでもならないと無理なんじゃないかと思います。

 

リー:コロナワクチンが人々を殺し、おそらくさらに多くの人々が死ぬことになるでしょう。そこから抜け出す方法はあると思うのですが、人々はそれについて、あきらめ感が強いようです。でも、これらのことを誰が仕切っているのかを見てみると、やっぱり、基本的にみんな、アシュケナージ・ユダヤ人なんですよ。東トルコのウール・シャヒンだって、彼の出身地の人間は全部、ナチスのアシュケナージ一族ですからね。彼はトルコの小さな宗派の出身で、自分たちの宗派以外の人間とは決して結婚しないのです。

クリフ:かつて、アシュケナージ・ユダヤ人が中国人と交わったことがありますが、彼らは、一時期だけそうした後、ずっとそのグループの中だけで交配を続け、ユダヤ系と中国系の子孫を作り続けています。

 

リー:「世界中の頭の良い人たちは、基本的に皆、モンゴルの血を引いている」というのを、どこかで聞いたことがあります。
クリフ:それに関しては、武術の伝統に通じる話があります。チンギス・ハンは、軍事遠征によって、とても多くの人々を殺し、この地球上の二酸化炭素排出量を4分の1も減らしました。彼は、モンゴル→中国→トルコ→インドへと遠征し、中東を経て、ヨーロッパに渡りました。なぜ彼らは、そんなにこのことに力を入れていたのでしょう?  彼らは一体何のために、次々と人々を虐殺して回ったのか、わかりますか?

リー:わかりません。
クリフ:彼の日記を読んでみたらわかりますが、彼らは、宇宙人やカザール人のことについて知っていたのです。彼らの行く先々で、それはそれは恐ろしい光景が繰り広げられていました。
リー:つまり、カザール人を排除していたということですか?

クリフ:はい。チンギス・ハンは、この地球上からカザール人を駆逐しようとしていたのです。

 

なぜなら…モンゴル人について話せば長くなってしまいますから、あまり深く話すつもりはありませんが…モンゴル人には遺伝的に、他の種族にはない、宇宙人を見たり、交流したりする能力があるのです。
リー:他の人々よりも、広い波長を感知することができたというのですか?  そうなると、「モンゴル人が賢い」と言われているのは、必ずしも計算が早いとか勉強ができるみたいな意味ではなく…?
クリフ:そうです。正しくは、モンゴル人が “他の種族には見えないものを見ることができる感覚器を持っていた”ということなのです。アメリカ先住民も、同じような能力を持っていました。宇宙人たちが上陸するたびに、アメリカ先住民はみんな、彼らから逃れるために死ぬほど逃げ回っていました。しかし、エロヒムとアヌンナキは、北米の征服に成功したとは考えられていません。彼らは、北米南部のメキシコやニューメキシコ、そして、南カリフォルニアにも立ち寄りました。不思議なことに…。
リー:ああ、レイプしまくってたんですね。ディビッドが言ってたんですが、彼がアフリカのシャーマンにインタビューした時に「ロスチャイルドの資金提供を受けたセシル・ローズがやって来て、地元のシャーマンを探し出して脅迫し、すべての情報を聞き出した後、殺害した」という話を聞いたそうです。

終り>_______

■編集後記
なにやら、セシル・ローズの顔を
一見して、
In Memoriam: Robert Vaughn, Golden Globe Nominee | Golden Globes
1960年代にTVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』の
ソロ役で人気を博したロバート・ヴォーンを
悪者風にしたような顔つきである。
こういったイギリス人の顔つきの特徴なのか
諜報員&刺客という感じがする。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました