ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

【EriAndQmapJapanさまより】クリフ・ハイのWEF 世界戦争 (バアルとは?)・・・2

EriAndQmapJapan


こんにちは、\イッカク/です。
今回も
【EriAndQmapJapanさまより】
クリフ・ハイのWEF
世界戦争 (バアルとは?)-2
をお知らせします。

2. バアルはDNAを
担当していました。
そして、人類が受胎能力を
持ったのが、
この時代であるということです。

記事リンク↓
https://eriqmapjapan.substack.com/p/2-dna
■編集後記
ここで、疑問が湧きました。
整理すると、
5,600~7,800年前頃
イエメンに12部族が住んでいた。

既にここで、人間としての
生物的継承、つまり
なんらかの生殖が備わって
部族は、存在していた。
なのに、Eriさん訳の中で
<引用開始>_______
「人類が受胎能力を
持ったのが、
この時代であるということです。」
<引用終り>_______
と述べて、
<引用開始>_______
エール…バアルというのは、
エール社会の中では
「DNA協会」に
所属していました。
そしてある日、
特に氣に入ったDNAを
見つけた時、エールは
地元のバアルを呼びつけ、
魔法をかけてそして、
女性は妊娠しました…
その頃はまだ誰も
妊娠したことがなかったのに、
バアルが奇跡を起こしたのです。
<引用終り>_______
と述べている内容に
矛盾を感じます。
多分、コレは
バアルによって、
バアルの精子では、
奇跡とは呼ばず
強姦と呼ぶので、
奇跡とよばせたのは
やはり、
「気に入ったDNA」を用いて
遺伝子操作的な
人工受精を行なったと
解します。
コレが、最初のクローン技術の
基礎が整ったのかも
しれません。
コレは、現在の「カ・バアル」に
引き継がれているのだと
感じます。
いやぁ、アヌンナキが
出てくるとは、思いませんでした。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました