【 TOLAND VLOGチャンネルさまより】日本政府が本気で計画する「ムーンショット」の〝真の目的〟がついに判明しました…

TOLAND VLOGチャンネル


こんにちは、\イッカクです/
今回は、
TOLAND VLOGチャンネルさまより

■編集後記
ムーンショット計画の目標が9つありました。
その中で、調べていくと
2030年までの目標があります。
・2030 年までに、全ての生体トレンドを低負荷で把握・管理できる技術を開発する。
・2030 年までに、小型・迅速・高感度な診断・治療機器や、医師の医学的所見・診断能力をさらに引き上げる技術等を開発し、個人の状況にあった質の高い医療・介護を少ない担い手でも適切に提供できる技術基盤を構築する。
・2030 年までに、負荷を低減したリハビリ等で身体機能の改善や在宅での自立的
生活をサポートする技術、不調となった生体制御システムを改善する技術を開発
する。
キーワードを拾って、

推察してみます。

・生体トレンドを低負荷で把握管理
 ⇒人体の常時監視

・質の高い医療・介護を少ない担い手で
可能な技術基盤の構築
 ⇒医療・介護用AIロボット開発

・身体機能の支援システムと
生体システムとの融合
 ⇒徐々に人体の生体システムに制御が介入される

SDGsを御旗に様々な悪事が展開されます。

1.結論を言えば、身動きができなくなった老人をネタに
「マネー」を稼ぐ餌になります。
2.ムーン・ショット=毎月注射します。
人間のDNA改変によるロボット化のための
治験協力のための、ワクチン注射が射たれます。
3.個々人の監視と管理をするために分子レベルの
通信機器が体内で構築されます。
これが、完成することで、個々人への
アメ(快感)とムチ(苦痛)が遠隔から行えます。
最大のムチは生体システムをショート(短絡)=死、させること。
これで、一般人間を管理・監視できる体制が整います。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました