【徒然日記】
9_日本人のルーツと日本人の世界的境遇

日記

こんにちは、 \イッカクです。/
今回は、日本人の太古の先祖まで遡った話です。
では
神代文字がロスチャイルドに狙われていた話をしました。
ソロモン王の財宝の在り処を知るヒント?
が、隠されているような感じに思われるかも知れません。
しかし、考えても見てください。

ロスチャやその奥の院らは、天文学的な
財産を持ち、地上を
好きなように
支配してきましたし
今でも、継続しています。

そんな、財宝に彼らは、目がくらむでしょうか?

以下、ヒント!

では?
それは、いったい何なのか?


この映画とは、関係ないようですが・・・

月、太古の宇宙船、モナリザ

こちらを確認してみましょう。。。
<引用開始>_______

モナリサ
月面に浮かぶエイリアンの宇宙船

 

これは、2007年頃からウェブ上で話題になっている話です。それはかなり驚くべきことであり、私はそれがもっと注目されていないことにちょっと驚いています。多くの編集者は、それが真実であるにはあまりにも突飛だと考えたと思います。

好奇心をそそってもらうために、この物語に続く出来事を目撃するという仕事を引き受けた、最も成功したリモート視聴者のグループであるFarsight Instituteの新しいビデオをお見せします。はいどうぞ:

正直なところ、viewzoneのスタッフの一人がNASAのサイトからフィルムストリップを調達することを決定し、オブジェクトの2つの画像(異なる角度から撮影された)が利用可能であることに気づき、3D合成画像を作成するまでは、いたずらだと思っていました。結果はこのページの下部にあります。添付されている「異星人」(女性の体)の映像や画像には自信がありませんが、3D画像が月面に実際の物体を映していることに驚いています。

古い赤青の3Dメガネがあれば、宇宙船をかなりはっきりと見ることができます。宇宙船か潜水艦かは間違いないが、それは君の判断に委ねる。

背景ストーリー

この話は、NASAの特別な任務に就いていたと主張する男性からもたらされました。

ウィリアム・ラトリッジは引退し、現在はアフリカに住んでいます。彼は最近、70年代後半のNASAとの関わりについて、驚くべき事実を明らかにしました。ラトリッジは、失敗したアポロ19号と、1976年8月にヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げられたアポロ20号を含む、少なくとも2つの月へのミッションに携わったと主張している。

ラトリッジによれば、これらのミッションはいずれも、アメリカとソビエトの両政府間の協力から生まれた「機密扱いの共同宇宙ミッション」であった。彼等はNASAのミッションの名簿には載っていませんが、もしこれが本当なら、それには正当な理由があります。

これらのミッションの目的は、アポロ15号のミッション中に発見され、撮影されたとされる、月の裏側にあるデルポルテ・イザック地域の大きな物体を調査することでした。映画『スター・ウォーズ』に登場する「Xウイング」戦闘機にぼんやりと似たその物体は、太古の昔に月に墜落したか、あるいは放棄された非常に大きなエイリアンの宇宙船だったと思われていました。



船の大きさはどれくらいですか?おかげでウェブサイト ramistrip.com 我々はdmeonstrateにグラフィックを持っています。私たちが「巨大」と言うとき、この宇宙船を説明するのに近づいていないので、本当に別の言葉が必要です。写真に語らせてあげる!

このクラフトとされるものの画像や動画までもがウェブ上に登場し、ここ数年でリチャード・C・ホーグランドのような研究者によって広められてきた。

回収された女性EBEの遺体

ラトリッジは、彼ら(ソビエトの宇宙飛行士レクセイ・レオーノフと共に)月着陸船(ロシア製)を異星人の宇宙船の近くに着陸させ、実際に宇宙船に突入したと主張している。「パイロット」とされる2体の遺体(1体は良好な状態で、女性とみられる)を含むいくつかの遺物が発見され、回収された。2体目の遺体は劣化がひどく、頭部だけが回収された。女性は「モナリザ」と呼ばれています。

 

「私たちは大きな宇宙船の中に入りました。また、三角形のものに。探査の主な部分は…それは、少なくとも数百万年前(推定1.5)に宇宙を横断した非常に古い「母船」でした。内部には多くの生物学の痕跡があり、「モーター」セクションの植生の古い残骸、特別な医学的特性を持つ黄色い液体の「涙」を放出する特別な三角形の岩、そしてもちろん太陽系外の生き物の痕跡がありました。船のあちこちにガラス管が張り巡らされた網の目状に、10cmほどの小さな遺体が残っていましたが、一番の発見は2体の遺体で、1体は無傷でした」
「『シティ』は地球上で名前が付けられ、ステーション・ワンとして予定されていましたが、スクラップや金の部品でいっぱいの本物の宇宙ゴミのようで、1つの建物だけが無傷のように見えました(私たちはそれを大聖堂と名付けました)。太陽の光を浴びたカリグラフィーを身に着けたあらゆる部分の金属片を撮影しました。「都市」は船と同じくらい古いようですが、それは非常に小さな部分です。ローバーのビデオでは、望遠レンズがアーチファクトをより大きく見せています。
「レオーノフと私、どちらが少女と名付けたかは覚えていません。無傷のEBE(異生物的存在)でした。ヒューマノイド、女性、1.65メートル。生殖器、髪の毛、6本の指(数学は12本に基づいていると思います)。機能:パイロット、指と目に固定されたパイロット装置、衣服なし、鼻に接続された2本のケーブルを切断する必要がありました。鼻孔なし。レオーノフは目の装置を固定解除しました(ビデオで見ることができます)。血液や生体液体の塊が噴出し、口、鼻、目、体の一部から凍りつきました。体の一部は異常に良好な状態(髪の毛)で、皮膚は薄い透明な保護層で保護されていました。管制官に伝えたところ、状態は死んでいないようで、生きているようでした。私たちには医学的な背景や経験はありませんでしたが、レオーノフと私はテストを行い、EBEにバイオ機器を固定し、外科医が受信したテレメトリー(ミッションコントロールの薬)は陽性でした。それはまた別の話です。いくつかの部分は今信じられないかもしれませんが、私は他のビデオがオンラインになるときに全体の話をすることを好みます。この体験はLM(月着陸船)で撮影されました。2体目の遺体が破壊されているのを見つけたので、頭部を船に乗せました。肌の色はブルーグレー、パステルブルーでした。皮膚には目と前部の上に奇妙なディテールがあり、頭にはストラップが巻かれており、碑文はつけられていませんでした。「コックピット」はカリグラフィーでいっぱいで、長い半六角形のチューブで形成されていました。彼女は地球にいて、死んでいませんが、その後に何が起こったのかを伝える前に、他のビデオを投稿したいのです。
— ウィリアム・ラトリッジのインタビュー

エイリアンの女性の顔に奇妙なチューブが見つかりました。これらは後に取り除かれ、彼女の遺体は月着陸船の船上で検査され、撮影された。動画はyoutubeで公開されています。

 

文字とみられるもののサンプルも発見されたが、落書きのように見える。

Viewzoneの結論

ビデオとストーリーは捏造された可能性がありますが、アポロ15号が撮影した物体は明らかに本物です。それは表面の変色でも、写真の人工物でも、奇妙に照らされたクレーターでもありません。3D写真は、この非常に珍しい物体の形状と位置を明確に示しています。

以下では、アポロ15号ミッションで公開された2つの画像を撮影し、それらをマージして3D画像を形成しています。これをはっきりと見るには、3Dメガネ(左が赤、右が青)が必要です。それはなんですか。

 


<引用終り>_______
以上が、海外のネットに載っていました。

そうですね、現在まで、地球の支配者層は
「ビマナ」推進力である、
フリーエネルギーというか、反重力というか
フォース・エネルギーを発生させる
技術を狙っているのでは、ないでしょうか?

記事は、次回へ続きます。

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました