「日本人は首狩り族だった」良いテーマです。多方面から日本人が舐められていますから、本性が出たら、「敵の大将の首」を取るかもしれません。

EriqmapJapan


こんにちは、\イッカク です。/
今回は、「日本人は首狩り族」でしたの話です。
最近のEriさんのポストから

日本人が首狩り族だった理由は、コチラ

■編集後記
首狩り族の日本人と言っても「武士」の立ち位置でしたが
だれでも、武士には憧れていたようです。
血筋が昔からの武士でない場合は
「野武士」とか言って、武士を意識していたんですね。
それが、ことわざのように
「武士は食わねど高楊枝」という
皮肉にも取れる言葉になったようです。
さて、現代においても
武士のような気骨のある人が登場してたりシますよ。
そう、ジャスティン・モーンのような
威勢のいい人!
もっともっと、正義感の人たちが
世界のあちこちから
立ち上がってくると思います。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました